ドラマ

マイウェイストーリー

 

 

(7分36秒)
三世代で生活している家庭。
朝は夫婦が仕事へ行くので、子供にはかまっていられない。
そのため、父に孫の面倒をみてもらっていった。
その父親はついに…。

 

近頃噂になっているエンディングノート。
その必要性をドラマ仕立てでムービー化してみ­ました。
 

– YouTube 引用 –
 

製作 株式会社トゥルートラジェ
 

あなたの歩んできた道、生きた証を残す、豪華装丁版エンディングノート
『マイウェイストーリー』
2012年9月中旬 新発売
https://www.atpress.ne.jp/news/30017

 

<エンディングノートとは>
高齢者が自分の死を向かえるにあたり、死に備えて家族に自分の希望や伝えておきたいことを書きまとめておくためのノートです。
 
エンディングノートは遺言とはことなり、法的な効力を有する文書ではありません。
これは、自分が迎える死に関して、家族の負担を減らすことを目的としているものです。
 
2011年10月に映画「エンディングノート」が公開されて、認知度が広がったそうです。
映画『エンディングノート』予告編

 
http://www.bitters.co.jp/endingnote/
 

エンディングノートに書かれる内容には、特に決まったものがあるわけではありません。
・自分が病気になった時の延命措置を希望するかしないか
・自分に介護が必要となった時に、希望すること
・今までいきてきた自分の歴史やプロフィール
・財産や貴重品に関する情報
・葬儀の際に希望すること
・相続に対する自分自身の考え方
・家計図
などがあります。
 
また、書くメリットには、つぎのようなものがります。
 
1)本人しか分からない情報をまとめて書いておけば家族の負担が軽くなる。
2)どのような人生を歩んできたかをふりかえるのに便利。
3)直接はいえない事柄も書き残しておくことで、家族の悲しみを癒す効果もある。
 
最近では震災の影響もあり、ご高齢者の方以外の若い方にも、「万が一」のことを考える意識があり、エンディングノートを書いている人がいるそうです。
 
考える葬儀屋さんのブログトップ > > エンディングノートの正しい選び方・書き方
http://funeralservice.livedoor.biz/arch…
 
エンディングノートが若者に注目されている現状
http://www.excite.co.jp/News/bit/…
 
Facebookページ 「未来に残すエンディングノート編集委員会」
https://www.facebook.com/flowerandbee/

 

 

葬儀社検索サイトなら「葬儀レビ」
全国葬儀社検索対応!【葬儀レビ】資料請求プログラム
 
家族葬専門店のダビディア

 
家族葬のグローバルケア

 

Share on FacebookTweet about this on Twitter

広告

言語

アーカイブ

広告

運営

株式会社 知臨 (ちりん)

プロ・アマを問わずに短編映画のご紹介。

サイトについて

ご意見アンケート

Twitter


Feedly

follow us in feedly

Translate »