日常, 短編映画

夏桜

 

 

(18分42秒)
妻を殺したと語る男。数年後、彼は妻との思い出の土地をめぐる旅をする。
そんな彼の前­に突然現れた女性・さくら。彼女が現れた理由とは。
茨城を舞台に、夫婦の過去に秘めら­れた想いをみつめる物語。
 

監督:生見司織
福岡県出身。大学卒業後、就職。同時に役者として舞台を中心に活動。
2004年より拠­点を東京に移す。

2013年より映像制作チームfilm_puzzleに所属、映像制­作に携わる。

出演者:緒方 健児,遠藤 恭葉
ロ ケ 地:霞ヶ浦湖畔,神立駅,新治小学校,田園,商店街(土浦市),民家,寺院(かすみが­うら市)

 

– You Tube 引用 –
 

 

Share on FacebookTweet about this on Twitter

広告

言語

アーカイブ

広告

運営

株式会社 知臨 (ちりん)

プロ・アマを問わずに短編映画のご紹介。

サイトについて

ご意見アンケート

Twitter


Feedly

follow us in feedly

Translate »